あおもりくまブログアクセスカウンター

2009年6月5日金曜日

カラスの生態:結局どこの子よ?






東側に行ったら子ガラスが動かない。
死んじゃったのかと思って近付くと起きた。
オラを見つめている。
東ボスはいつもどおり。
子ガラスはドブに入ったままで濡れてて不憫だ。
しかもこのドブはヘドロ臭いし。

流石に見かねて落ち葉で土台をこさえてベットを作ってやった。
松林なので水に強い松葉は大量にある。
そのままじゃチクチクするので広葉樹の枯葉も敷く。

子ガラスはようやく暖かい寝床を手に入れ、ヘドロから這い上がった。

5cmくらいの高さにして眺めているとその上で寝始めた。
とても気持ち良さそうである。

ずーっと冷たい泥の上に3日も居たんだ。
オラなら発狂するわ。

そんなオラの行動を見ても東ボスは何も言わない。
寝ている子カラスを眺めていて、ふと疑問に思った。
もしやコイツは東便所ガラスの子じゃないのか?
少しずつまた近寄っても東ボスは何も言わない。

やっぱりこの子は便所のカラスの子じゃないのか?

そう思ってドブからあげてやると子ガラスはその場に座り込んでこちらを見た後、ドブにまた戻った。
(* ̄(エ) ̄)・・・あれ?・・・出たい訳じゃ無いのねん・・・
それを見た東ボスは警告をし始める。

いや、オラはこの子が自力で這い上がれないのかと思っただけだ。
決して危害を加えようとした訳じゃない。

(;´(Д)`)=3 東ボスに嫌われたかな???

まぁ、それならそれで西ボスだけを相手にすればいいし、エサ代も半分で済むし、西ボスの三つ子の成長記録を撮れるってもんだ。
次に行った時に降りてこなかったり態度が違えば東ボスも観察対象から外すわ。
カラスの知り合いは少ない方がいいしな。

威嚇されつつも水嵩が増してもいいようにもっと大きな高いベットを作ってその場を離れる。
オラは東ボスが何も騒がなかったら逆に困っていただろう。
東ボスがヤメロと言ったおかげでオラはこの子を保護せずに済んだ。

本気で怒っていれば公園で一番強い東ボスだ。
ザコのボディーアタックくらいで脳震盪だからラスボスレベルのカラスにアタックを喰らったら流血もんだろう。
怒り方も本気じゃなかったしな。
きっと「人間は手を出すな!」そう言いたかったのだろう。
おかげでオラは手出しせずに済んだんだ。
東ボスに教えられた気がするよ。

(* ̄(エ) ̄)ノ つーことで、あとはアンタの縄張りだ。この子の面倒はアンタが見ろよ。

オラはそう言って聞かせた。
子ガラスはまた枯葉のベットの上でスヤスヤ寝ている。

直ぐ近くの樹上には間違いなく東ボスの子ガラスと思われるヒナがこちらを見ていた。



体も大きい。
この子はしっかりと育つだろう。

それにしてもカラスって迷子のほかの子を育てるのかな。
その辺が気になるよな。

0 件のコメント: