あおもりくまブログアクセスカウンター

2009年6月3日水曜日

北限のニホンザルに死刑判決

下北地方の7000戸停電事件の犯人「ニホンザル」に死刑判決。
現在は保護されているようだが、殺処分されるという。

しっかし・・・バラ線って言うより「有刺鉄線」という単語を使うよな。普通は。

---------------追記------------------
回復したからリリースするんだとさ・・・

( ´(Д)`)y━~~~まぁ、変電所は怖いという情報を広範囲に知らしめるには生かす方法もアリだよね

その点、クマに対しては扱いが酷すぎる。
問答無用に危ないからと殺してしまうのは猟友会も許可や依頼をする役所も馬鹿だってこと。
クマという捕食者が減ると、クマが捕食する草食獣が増えて林業や農業に被害が増える。

ぬいぐるみやマンガなどで散々癒し系キャラを仕立てあげ、実物は危険だからブッ殺す。
人間のエゴだよねぇ・・・
カラスも駆除しすぎるとその辺に動物の死骸が溢れそうだよ。
人間が野生動物の数をコントロールしようなんて無理だべ。実数を把握しきれてないんだし。
一度大量虐殺すると近親交配の問題も出るし、繁殖に必要な個体数の総量ってものがあるし。

こういうのは人間の都合だけでどうこうするよりも少しは考えてやって欲しい。
サルだって北限のニホンザルってことで過保護にして気付いたら増えすぎてたってパータンだし。
天然記念物とか言う前にレッドデータブックとかも見ろよって思うね。

0 件のコメント: