あおもりくまブログアクセスカウンター

2009年6月16日火曜日

カラスの生態:ハシボソガラス「東ボス」と喧嘩中

ハシボソガラスの東ボスの泥ん子を救出したさいに、東ボスは物凄く怒った。
でも、あの時はそうするしか無かった。
目の前で溺れている動物を救助して何が悪い。
オラはあのままにはできなかったので陸に上げた。
でも、東ボスにとっては「見殺しにするつもり」だったのかも知れない。
上の子は既に飛べるし足腰も強い。
そうなると下の子は足手まといになる。
強い固体を残すとなれば残酷だがそれが野良の者の生き方だ。

でも、今日は樹上に上がった泥ん子を発見。低いが猫には襲われない高さにまで届くようになったか。
少し安心した。
東ボスは
まだ怒っていて、オラを見るなり威嚇開始。
まだ怒ってるのかよ・・・でも、上の子が死んだらやり直しだぞ?
怒っているのでオラはエサをやらない。
エサと撮影の交換条件の関係だからな。
割り切ってる。

今日は上の子が見当たらなかったが、泥ん子はどうやら木の上に登れるまで羽が生え揃った。
マイミクさんとバイバイした後、海岸を素足で往復してハマヒルガオの撮影に入る。
相変わらずスズメはオラを見つけて何処からでも飛んくる。
必然的にカメラの撮影範囲に入ってきて首を傾げて「パンは?」とエサクレ。
パンを投げながら砂地に這いつくばってハマヒルガオを撮影した。
写真はウェブサイトのトップにあるので壁紙にどうぞ。

なんか背後に気配があることに気付く。
東ボスが背後5mに奥さんと一緒に居る。
こっちを黙って見ている。
威嚇はしていない。いつもの東ボスとまではいかないが距離をとって物欲しそうにスズメにエサを投げているオラを凝視。

(* ̄(エ) ̄) 何かね?オマエとは喧嘩中なのを忘れたのか?

それでも夫婦の後ろには泥ん子がはしゃいでギーギー言っている。
エサが欲しいのだろう。でも、オラが嫌いなんだよな。
泥ん子にベットを作ってあげたし。増水した水路から助けたし。
そのオラを滅茶苦茶怒ったよな・・・
パンを投げても無視して威嚇し、それでもオラが見えなくなるまで遠ざかってから取りに行ったよな。
人並みに近い感情があるのは知っている。人間よりも癇癪持ちだというのは重々承知だが。
オマエは頭が良いんだから理解しろよ・・・かなり長生きしてんだろ?

2mまで近寄ってくる東ボス。
一緒に威嚇してた奥さんも3mまで寄ってくる。

もしもし?(* ̄(エ) ̄)喧嘩中だべ? それともやっぱり助けて正解だったと解かったのか?

オらはそう目で言ってその場を離れるものの、足取りは重いがとっとこついてくる。
いつもは充分に与えるのだが、東ボスの分は持ち合わせていないし、犬だか猫に襲われたカルガモさんが夕飯を待っている。
西ボスさんにやる予定のジャーキーと魚肉とパンを少々投げて(いつもは手で綺麗に盛って置く)様子を見る。
多分、オラがいつもと違うエサの渡し方をしたので、オラが怒っているのを察したようで、真っ直ぐに目を合わせてくる東ボス。

ここですぐに許すのもナニだ。
あくまでも東ボスとは対等に接しているから向こうも信用していたしオラも信用していた。
今回はもうちょっと勉強させてやろうと思うから少しそっけない態度を少し続けようと思う。
もちろん、東ボスとは1年半の付合いだから向こうもオラの顔を知っているし、オラも東ボスの顔を知っている。
互いに100mや200m離れて居ても歩き方と素振りで解かる仲。
冬場だって他のカラスにエサを取られないように直接手から直接クチバシにエサを咥えさせていたくらいだ。
※特定個体だけに上げるという条件下での支援なので一見さんお断りなのがオラ流である。
態度と眼で会話しているようなものだし、向こうの態度も「正直スマンカッタ感」がにじみまくり。

明日以降も少しだけ渡して、それでも追いかけてきても無視。
いつものように必要な分を備蓄させるだけ渡さないで様子を見よう。
それで至近距離から信用してエサを貰いに来れば許してやろうかと。
ハシボソガラスが何処まで信用するかどうかの実験でもあるし、その為に必要意外は触れないし手も出さない条件。

しかも、威嚇しない、鳴かない、木から降りて貰いに来るという最初の約束事を破ったし。
泥ん子のためにベットを作ったのも東ボスは知っているし、その時も頭上に居ても何も言わなかったし。
信用してくれてたから鳴かなかったんじゃ無いのか?

もうちょっとこのままカラスの知能と感情の制御について観察させてもらう。
ただ、食料の条件は前のようには行かないから暫く待遇を下げてみる。
その条件で東ボスがどんな反応を示すか楽しみだ。
ただでさえ隣接エリアの東口ボス(白チョッキ)よりVIP待遇だったのだが、協定違反だしな。

一説には犬やチンパンジーよりもIQが高いとされるカラスだ。
付き合ってみるとその知能の高さには驚かされるが、恩を仇で返した場合にカラスの方から謝罪してくるかどうか楽しみだ。

もしも、オラの思ったとおりなら、たぶん東ボスは「善意の行動についての理解」および、「一時の感情で逆ギレしてしまったことに対する謝罪」を行なうと思われる。
ハシボソガラスはハシブトガラスと違って鳴き喚くことを滅多にしないカラスだ。だから態度や仕草。目つきに感情が出やすい。オラはハシボソガラスの感情の読みについて殆ど理解できている。
言葉じゃなく、態度でそれをどう表せるのか。
それが次のステージだな。

※一応、喧嘩中なので写真は無い。

0 件のコメント: