あおもりくまブログアクセスカウンター

2009年8月30日日曜日

それにしても麻生総理は質問に対する答えが答えになっていない

なんか、ダメダメなにおいがプンプンする。
今回自民党にトドメを刺したのが麻生総理だって本人は自覚しているのだろうか。
とはいっても、麻生を総理に推した自民党にも責任はあることだし、「失敗してもいいから、あの人に総理を経験させとこう」という自民党の行事が自らを泥沼に突き落としたんだろうな。

で、政党とかオラは嫌いで、個人を見て感じるものがあるかどうかで判断する。
周りに言われて出される人とか、何世の議員だとか、何しに出馬したんだろうとか思う人が多い中で、政治家の中にもしっかりした人は居るよね。
良いと思われて大臣に任命されても、アル中が原因で失職したり、知っててやったか秘書がやったか分らないけど金がらみの事件。色々とあるけどさ。

政治家にはやはり魅力があるかどうかなんだよね。

例えばオラはカラスが好きだけど、全部のカラスが好きなわけじゃない。
カラスの中には嫌いなヤツも居るし、単にエサが欲しいだけで寄ってくるのも居る。
でも、オラはカラス1羽1羽の性格を見てからコミュニケーションをするかどうか決める。
それと同じ。政治家には色んな人が居るが、その人の真剣さや内心ってのはいくら言葉巧みに話そうとも人相やオーラに出るだよね。

なかなか好きになれる政治家が少ない現状で、政治家を選ぶ手段として「地域で決める」という方法は如何なものかと・・・
他の選挙区の人間にも投票できれば面白いんだよね。
一人につき5票まで投票できれば、自分の県の中で3票使って、残り2票は他の選挙区の人間に使えるとか。但し、立候補者一人につき一票までとかね。

嫌いな党でも、「この人には票を入れたい」ってのはあるんじゃないか?

0 件のコメント: