あおもりくまブログアクセスカウンター

2009年11月30日月曜日

昼はカウンターで好きな握りを喰いたかった

だから駅前の某ビル地下市場の入り口にあるダイニングに入ったのだ。
そしたら店員が何も聞かずに「こちらへどうぞ」と奥へ奥へと連れて行く。
オラは値段を気にせず寿司を喰うということを年に一度はやる。
だから、食いたい寿司をカウンターで食いたかったのに、客の食べたいものを無視するのは失礼だと思う。

この場合、店員の対応としてベストなものはこうだ。

店員「お客様はおひとりでしょうか?」
(* ̄(エ) ̄)「うん」
店員「お召し上がりは握り(寿司)でしょうか、それともランチでしょうか?」
(* ̄(エ) ̄)「旨い寿司が喰いたいでし」
店員「カウンターがよろしいでしょうか?、それともテーブルの方がよろしいでしょうか?」
(* ̄(エ) ̄)「カウンターがいいです」
店員「では、こちらへどうぞ」
という感じが望ましかった。
でも、現実は違った。

つか、(* ̄(エ) ̄)の視点から感じた店員の配慮。※は店員の態度に対して感じたクマ的ナレーション
店員「いらっしゃいませー」
    ※近所のサラリーマンがランチでも喰いにきたんだろ、
      金持って無さそうだしランチだろどうせ。
店員「こちらへどうぞ」
    ※背広じゃないしワイシャツの上にジャンバーか。
      金持って無さそうだな。奥に連れてこう。
店員「こちらへどうぞ」
    ※こんだけ離れれば充分だろ、ここで大人しく喰ってろ。
店員「ご注文が決まりましたらお声を掛けてください」
    ※どうせ一番安いランチだろ?、早くしろよ・・・
会計の時に確認した。
(* ̄(エ) ̄)「カウンター席ってさ、予約制なの?」→いいえ、そうではないですが。
(* ̄(エ) ̄)「カウンターで寿司を食いたかったんだけど、どうして何も聞かずに奥のテーブル席に追い遣ったの?」→カウンターの方が宜しかったですか?
(* ̄(エ) ̄)「寿司が喰いたかったのに、何も聞かず、問答無用に奥のテーブル席に連れてったらランチでも食ってろって解釈するべ」→申し訳けありませんでした(棒読み)
これによってその地下市場入り口にあるダイニングは、1万円ほどの収入を棒に振ったわけよ。
オラ、サイフに10万円入ってたもん。
1万円くらい思いっきり喰いたかったのに、ランチしか食うなとかいう接客されたら頭に来るぢゃんか。

接客の教育係は何を教育してるんだか。
倒れる前はカウンターのおっさんが気さくに話し掛けてくれるし、普通にカウンター席に案内されたら上寿司(2000円)くらい頼むべさ。
何度も通ったんだけどな。今日はそのオッサンは見えなかったし。店員の教育が悪いんだか、配慮が無いんだか・・・
ちなみにカウンターは10席以上あって、観光のオバチャンが2人居ただけ。

別にオラひとりだけなんだし、カウンターに座らせてもいいべさ。
客の格好で喰うものと席を決め付けられたようで気分が悪いわ。

まぁ、地下の市場の入り口にあるダイニングで、広くて奥にテーブル席もあるってったら1店しか無いけどよ。
次に同じ対応したらキレますよ?

0 件のコメント: