あおもりくまブログアクセスカウンター

2010年9月15日水曜日

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(MDIS)

ひどいなぁ・・・でも、実際こんなもんだよね。

ひどい1 ひどい2 ひどい3

特に公共機関のプログラムなんて大抵は大手に委託するようだけど、青森市のオープンソース化でも地元では大手の企業に委託して惨憺たる結果になっている。
いづれにしても担当者の認識の浅さと、委託先が有名というだけで一流ではなかった結果。

それにしても自分の無知を棚上げして無実の人を陥れるなんて三菱は酷い会社だね。

一般人を散々犯人扱いしておいてこのニュースリリースだよ?
逮捕された本人への謝罪なんてどこにも書いてない。
まさに極悪非道だね。

まぁ、オラも三菱の車に乗ってたことあるけど、ミニキャブのアクセルペダルが腐って取れる→仕様だそうだ。仕様であってたまるかってーの!オラが見た感じでは鉄板が薄いことと磨耗による断裂だって。
つまり部品をケチったってことだ。もしこれがブレーキペダルだったらオラは殺人犯(業務上過失致死罪)になってたかも知れないのだ。
あとはミッションに繋がっているスイッチのケーブルが根元から腐って取れる→三菱は電装系が弱いそうだ。修理工場のオッサンが言ってたから間違いない。
あと、会社で去年入れた集中管理の空調システムが2度も壊れたうえに、コントローラーのファームウェアがクソ以下で指示したとおりの動作を実行しない→これも仕様なのか?

ほんと、マジで三菱はダメだわ。

昔は三菱って言ったら憧れの企業だったのにね。
今じゃ大したことない企業になってしまったわ。
まぁ、三菱に勤めていると言って「良い会社に就職しましたね」と言ってくるのは殆ど年寄りくらいのものだろう。

物の本質ってのはユーザーの見る目によって正しく評価されなければならない。
そのためにはユーザーはメーカーの言うことを検証するだけの知識と調査能力を必要とする。
メーカーが使い方が悪いんでしょ?とか、言って逃げられる時代ではないのだ。
パロマの件では流石にパロマに責任は無い(あれは業者の違法改造だから)と思うのだが、パナソニックFF式ストーブの一酸化炭素中毒死事件の件はもう流石に充分だと思うが、これから寒くなるとまた回収のためのお詫びのCMが流れるんだろうな。

まぁ、一概に商品を売る際の説明責任までメーカーに全部押し付けるわけにも行かないのだろうけど、その辺は賢い小売店がしっかりサポートしてくれればいいだけのこと。
それにはメーカーも小売店に対して良いことばかり言わないで、包み隠さず言うべきだろう。
省エネの比率を偽った事件も記憶に新しいし、アップルの製品のバッテリー破裂による火災や火傷なんて一般人はあまり気にしないようだし忘れがちだけど、本当は消費者がしっかりしていればメーカーが手を抜いたり、嘘を言って誤魔化すなんてできないんだろうさ。

0 件のコメント: