あおもりくまブログアクセスカウンター

2010年10月13日水曜日

一晩経って落ち着いた

死を迎えるとき、普通は病気もせずに苦しまず老衰でポックリが望ましいと思う人が多いだろう。
オラもそうだし、母もそうだ。推らく姉もそうだろう。父はわからんけど・・・

こうして父が末期がんで生存率10%以下ともなると、人の死について改めて最良の状態を考えさせられる。
母方の婆さんは胃癌で苦しんで死んだ。
痛い!痛いー!と言って死んだ。苦しかったのだろう。痛みは他人には分からないものだからどれだけ苦しんだのか想像もできない。
ああいう死の間際というものは見ていてどうすることもできない無力感と、可能なら痛みを半分でも背負いたいと思うものである。

誰も望まずしてそういう最後を迎える父なのだが、オラも母も互いに「苦しむならさっさと楽にしてくれ」ということにしている。中でも死んでいるのか生きているのか分からないこん睡状態というか、植物状態というのか、機械に繋がれて延命されている状態は望んでいない。

看病する側も、看病される側も生活に影響を与える。縛り縛られという関係は望まない。
下の世話なんかはする側もされる側も相当の覚悟が要るのだ。
父の病気の悪化は全て父の意思による結果であり、誰にも責任など無い。
自分の体の具合など他人が心配したところで分かるわけでもなく、痛みは本人が一番分かっているからだ。

痛みが痛みとして存在し、その痛みをどすることもできない場合は、傍に居てくれるだけで痛みが和らぐ関係が望ましい。そもそも病気と闘う意思というものは、奇跡すら起こすもので、本人が諦めていたり、直そうという意思がなければ奇跡も起きない。
そもそも、気力は体力に左右され、体力も気力に左右されるものだからだ。

0 件のコメント: