あおもりくまブログアクセスカウンター

2010年10月16日土曜日

蕁麻疹と洗濯用洗剤

選択用の洗剤には香料が入っている。

オラはこの嘘くさい香料が大嫌いだ。
夏の間は汗をかくからという理由で多少の香料入り洗剤を使用しているが、蕁麻疹のこの季節には、この香料で具合が悪くなる。
香料がいつまでも残っていることで洗剤が落ちきれていないのではないかという錯覚さえある。
しかも、香料入りの洗剤で洗った下着を着用すると下着が触れている部分に蕁麻疹ができてしまうのだ。
つまり、化学物質によるアレルギーである。
安いリキッド洗剤は198円とか298円で1Lが買えるが、無香料・無添加潜在は450円くらいする。
香料だけ要らないのに随分と高い。
洗剤メーカーは、香料を添加しないだけのアレルギー体質用洗濯用洗剤を販売してほしい。
これはアトピーや蕁麻疹、湿疹が出やすい敏感な人間にとっては死活問題である。
香料は要らないし、柔軟剤も要らないのだ。
フワフワしているよりもサラサラしているほうが心地よいし、チチクチクしない。

あと、これからの季節は洗濯物が乾きにくい。
洗濯物が早く乾く洗剤があれば画期的だと思うけどね。

0 件のコメント: