あおもりくまブログアクセスカウンター

2011年2月14日月曜日

AudioComm RAD-S800Nが欲しい

AudioComm RAD-S800N (TECSUN PL380)は安くて性能も良さそうである。
しかも見た目もイカス!ヾ(≧(∇)≦)シ 欲しい!!!

オーム電気さんで再販してくれないかなぁ・・・売れると思うんだけどなぁ・・・
というか、売ってくれ。
オーム電気のラジオはホームセンターでもおなじみのラジオであるが、ちょっと性能が高いラジオになるとホームセンターには置いていない。せいぜい、大都市圏の電気店くらいであろう。
オラならたぶん、こういうラジオを見かけたら衝動買いしてしまうのがオチである。

ものの見事にケーズデンキには期待を粉砕されてしまったオラであるが、まだ中華ラジオに未練タラタラである。というのも中華ラジオを色々とコレクションして性能を試してみたいというのがここ最近の欲求である。

値段も安いからね。
失敗しても悔しくないし、スペックは充分だ。というかオーバースペックとも言えるが、ラジオ好きにはいじり倒してみたい商品が中華ラジオにはゴロゴロとある。

中華ラジオといっても、性能とデザインを両立しているのはTECSUNとREDSUNの2社。
なんだか、昔の松下とSONYみたいで見ていて面白そうな競走をしている。
こういう競争があってこそユーザーの購買意欲をそそる商品群が生まれ出るというものだ。
中でもオールバンドラジオというのは非常に興味深い。

長波(LW)・中波(AM)・短波(SW)・超短波(FM)まで受信できるというのだから夜中に日本に降り注ぐ電波という電波をエアチェックするのに最適かつこの上ないのである。
まさしくラジオの中のラジオという存在に憧れているオラにとっては魅力的なのだ。

ネットを検索する限り、東京のヨドバシカメラあたりで売られていたという情報がある。
ただ、現在の通販ラインナップには無いので、もう在庫は無いのだろう。
オーム電気さんの直営サイトにも無かった。

非常に残念である。
ELPAは1台しか持っていないのでELPAのチョイスはイマイチ把握できていない。でも、先週の買い物はなかなかのものであった。あのラジオはあの価格帯では最強であろうと思う。
オームはこれまでのラインナップからすると、ハズレは出していない。比較的使えるラジオを比較的欲しくなる値段で出しているからだ。しかも耐久性は比較的高めの商品を売っている。
ANDOは粗悪品の傾向が多いものの、今回買えなかったER4-330SAはちょっと気になるラジオ。折角名誉挽回のチャンスであったのに、ANDO自身の流通ルートが仇を成してオラの購買意欲を根こそぎ奪った自虐的メーカーというか何と言うか・・・

うーん、電池を山盛り買ってしまっただけに、何としても触って遊べる中華ラジオが欲しい。

0 件のコメント: