あおもりくまブログアクセスカウンター

2012年3月3日土曜日

YAMAHA XGworks lite Ver.1.0 / 1.04 / 1.06 はWindowsXPじゃ動かない


どうやらWindows2000までしか対応していないようで、WindowsXPでは動作しなかった。
YAMAHA XGworks lite Ver.1.0はWEVE FORCE XG192 というサウンドカード(YMF-724搭載)に付属していたソフトウェアの1本で、シーケンスソフト。
PCIカードに搭載されたDS-XG音源チップと、ソフトウェアMIDI音源のS-YXG-50とで192音同時発声ができる。
Windows98や2000の頃はMIDIも盛んで、DTMマガジンを買ってはサンプル曲をXG音源とTmidiを使用して再生してた。

FT_Exit4 KERNEL32.dll を検索するとダウンロードサイトと思われるところを発見するも、ダイナミックライブラリを置き換えるという冒険は怖すぎるので諦めた・・・
互換モードで動作してくれると助かるんだけどなぁ。YAMAHAさんはもうMIDIに関しては規模縮小って感じでMIDI音源は殆どやめちゃったし、楽器と統合環境のソフトウェア1本に近いしな。
安いのでいいから音源出してくれないかな。VOCALOIDでMIDIも賑わっているし、VOCALOID自体だって、あれはYAMAHAが開発したものだけどマスコミも何か勘違いしているようで、YAMAHAの名前が出てこない。

うーん、XG-Worksって結構ビジュアル的に正しいシーケンスソフトなんでXPでもインストールしておこうと思ったんだけど無理っぽいな。

追記:Windows2000でも同じエラーが出てしまった。。。 (´・ω・`) いいソフトなのに・・・

0 件のコメント: