あおもりくまブログアクセスカウンター

2013年5月4日土曜日

中国で偽牛肉売買、「キツネ」「ネズミ」の肉利用

中国で偽牛肉売買、「キツネ」「ネズミ」の肉利用


(CNN) 中国の国営新華社通信は4日までに、「キツネ」「ミンク」「ネズミ」の肉を牛肉や羊肉と偽って売り付けていた計382件を摘発、容疑者904人を逮捕したと報じた。

ぎゃー! ヾ(`(Д)´)シ おぇー・・・

ミンクはまだ皮を採った後だから食肉に回ってもOKだろうけど、キツネとかネズミってありえなくね?
日本じゃ「キツネに触っちゃいけません」と言われているし、世界中でも「ネズミは病原体のキャリア」としてえんがちょ!なんだぞ?

中国人が鳥インフルにかかったのも衛生面の問題だろう。世界中で鳥さんへの印象悪くしといて、おまえら原始人が「中国人は足が4本あって食わないのはイスだけ。飛んでるもので食わないのは飛行機だけ」なんて言われてるとおり、現代人と生活習慣と食生活と衛生面を気にしてないからだよ。
だから平気で下水から回収した油を食用油にしたり、粉ミルクに毒物混ぜたり、変な生き物の卵とか内蔵食って男児の胸がでかくなったりするんだよ・・・

これじゃー中国人がシェフやってる店なんかに行きたく無くなるっつーの。
何を混ぜられているか分んないモンなんか食いたくねーし。

0 件のコメント: