あおもりくまブログアクセスカウンター

2013年7月1日月曜日

虫刺され

山の虫に刺される(噛まれる)と市街地で刺されるよりも悪化する。
昨日、早めに薬を塗った箇所はすぐに沈静化したのだが、今日になって急に悪化した。
再度、塗り薬で対抗したが腫れが引かない。

そこで製薬会社さんに提案だ。粘着力が強い湿布のような虫刺され薬を開発してください。
効き目長持ちで消炎効果のあるヤツで、腫れや痒みが収まるやつ。
山の蚊・アブ・ブユは里のモノより協力過ぎて普通の治療薬ではなかなか効果が持続しません。
それに虫刺されが悪化しやすい人にも湿布薬の方がいいかもしれません。

オラは筋肉痛などに使う湿布を切って貼ると、結構効きますが、湿布による消炎効果と痒み止めと冷感ってのは無いと思いますよ。しかも虫刺され痕が綺麗に治るように皮膚の再生に使われる成分を配合してくれると嬉しいです。あと蕁麻疹にも効くヒスタミンやステロイドなんかも少量入ってるといいかな。
異物が進入することによるアレルギー反応にも似ていますし、オラは専門家ではないのでそっちの配合は任せます。

湿布だと寝ている間に剥がれやすいのでもう少し粘着力の強いやつで風呂に入ると綺麗にはがれるのが良いと思います。ねぇねlどうっすか?

0 件のコメント: