あおもりくまブログアクセスカウンター

2013年10月30日水曜日

磨きに磨きが掛かった・・・かも?

そろそろ高いヤツを研ごうかな・・・
このくらい綺麗に研げるようになれば十分だろう。


これまで10本の肥後守を研いでみて研ぎ方のコツが分かった。
だから1本5000円以上もする特別鍛造品をじっくりと時間をかけて研いでみようかと。

現状で手元にある研いでいない肥後守は本割込特大のクロムメッキ1本。本割込み黒大が2本。本割込大大の黒が3本。青紙割込特大の真鍮2本。そして特別鍛造品大の元祐刻印あり1本。

大とはいえ、特別鍛造品は刃が他と比べてとても厚い。ずっしり!しっかり!という感じ。
今まで刻印のある部分を研いだり研がなかったりと見栄えの違いを比べてみたけど、数時間もかけて研ぐと、水に漬かってる時間が長いだけに刃の横が黄色っぽく錆びるんだよね。

で、見栄えが悪い場合は横まで研いで以下のように刻印のとこまでツルツルになってしまうのだ。
ここまで研ぐと表面に傷が無いから錆びにくくなるし、意外と見栄えがいい。
如何にも  って感じがする。


真鍮の部分は今度、ピカールでも買ってテカテカにしてみよう。
ちなみにこれは 永尾駒製作所(カネ駒) 青紙割込 大 で、ショップによって値段がバラバラだけど980円から1680円って感じ。いま、一番安いショップのサイドが不具合起こしてて連絡しても直してくれないから注文できないのだ。

1本980と1680円じゃ大違いだからねぇ。e刃物.comが纏め買い割引でもしれくれたらいいのに。平均価格は1300円くらいかな。10本なら1本あたり1200円。代引き手数料と送料無料(つまり10本代引きで12000円)とかだったらすぐ買うぞ。

0 件のコメント: