あおもりくまブログアクセスカウンター

2015年6月6日土曜日

肥後守シース65本を出荷体制に移行

過去作品は人に譲っても大丈夫なものだけ選んだ。新たに作った簡易版(量産型)は全数。

ここまでに要した数百時間の手間と3万円ほどの材料や道具代は、この手のシース作成に必要な経験値と技能に化けた。また、素材の色は肥後守の色に対してどれが適切か。その色にに対して糸の色を試すのに良い経験と成った。


残ったのは副産物としてのシース本体100本近く。初期作品は譲渡にも販売にも適さない様相なので自分で使うか廃棄決定。手元に置いてもしょうがないし、人の手には渡せないものが多い。間違って買った幅のテープもあと数本分だが、これは大半を梱包に含めた。

これまでに何本かは知り合いに譲渡した。その時点で満足できるレベルであったので恥ずかしいものではないと思う。これはミシンで作るには縫位置が端っこ過ぎるので機械生産できるのかどうか不明。手縫いでしか作れないと思う。しかもラジオペンチで針を掴んで縫う必要があり、ミシンで縫えば肥後守がシースを通らない計算。まさにギリギリの位置を縫う手縫い本来の利点。市販の2つ折、ちょっと縫いな皮や合皮のミシン縫いと違って抜けることはないし強度に関しては申し分ない。

問題がひとつある。これをどこに送るか。

売り物になるかどうかはオラが判断する訳ではない。まぁ安ければ売れるだろうけど、採算は取れないだろう。取れるのはオーダーメイドくらいだろう。だったら売るのを諦めて使ってもらおうという考えに至った。送り先は通販業者ではなく、製造元が良いのではないか。

過去に酒粕を使った「ふきのとう味噌」を考案した時のように、今回の肥後守シースも最終的にどこかで同様の素材と構造をパクったものが出回るかもしれない。でも、それでもいい。元祖としての証拠もGoogleに記録されている。どこがパクってもオラがオリジナルを作った事実は変わらないからだ。

そういうことで明日にでも発送しようかと。

0 件のコメント: