あおもりくまブログアクセスカウンター

2015年7月9日木曜日

久しぶりに肥後守を砥いだぞ

で、刃の腹とか背の歪みを砥石で削って均す作業も含め・・・なんと!

5本の研ぎ直しと刃付け+青紙割込新品の均しと砥ぎ1本で、たったの2時間半。

砥ぎ終わった順によーく拭いて、水切りし、扇風機の風に当てる。

仕上げはシースの副産物であるフェルトのハギレに刃物椿(黒薔薇)という刃物油を1プッシュしたものでガシガシと擦る。擦りまくる・・・肥後守に直接1プッシュずつするよりも無駄が無い。
フェルトは意外と金属磨きに適していて、鏡面処理とまで行かないが、結構なテカりが出る。
#300でガシガシと荒削りして、#800で面を平らに近付け、#1500でツルツルに。#3000で軽く当てながら擦る。そんな手順で十分。

最後に、少し刃を立ててスーーーーーッと刃先を砥石に撫でて刃を付ける。
鉛筆で試し切りしてみたが、恐ろしい切れ味。刃先を指の腹でサワサワと撫でてみたが、少しでも力を入れたらスパっ!と切れるかもしれない。 

うひょー ヾ(≧(∇)≦)シ ゾクゾク!

刃付けの腕も結構上達している。やはり散々砥ぎまくった時期があったので、その感覚はインターバルを置くことで少し落ち着いた気分で上手く指先をコントロールできるようになっているようだ。

で、ちょっと困ったことになった。

せっかく真鍮が良い塩梅に黒光りし始めたのに、砥いだときの水に含まれる砥石の粒子の影響か、水切りの時に強く拭いたら新品みたいな色になってしまった・・・あーあ・・・

0 件のコメント: