あおもりくまブログアクセスカウンター

2015年10月19日月曜日

肥後守比較 今と昔でチキリが違う

まずはこれを見てくれ。最近の肥後守のチキリが丸く潰されていてこんなにも格好悪くなってしまった。
丸く薄く潰すことによって収納時の厚みも増すので機能的にも劣ってしまうのだ。


指で押さえるチキリは刃の固定の機能があるので、こんなに薄くされると強度が心配になってしまう。


青紙割込も少し前のバージョンではやはり幅が増している。厚みがあるので、まだ許容範囲ではある。


これは初期に購入したSK材割込みのチキリ。実に機能的な形状をしている。個体差も少なくお気に入りだったのだ。




これは肥後守が流行する前の青紙割込のチキリ。スッキリしていて実にスマートである。




ハッキリ言って、今のチキリは失敗だと思うんだよね。

きっとどこかの初心者が、「指が痛いから指に当たる面積を大きくして欲しい」とか言ったに違いない。
そんなの普段から使っていれば痛くなくなるって。

0 件のコメント: