あおもりくまブログアクセスカウンター

2015年10月5日月曜日

最近の肥後守

 まず、チキリ(指で押さえる部分ね)がペッタンコ。潰れすぎというか、過剰に潰しすぎ。強度は有るけど少し心配になるくらいの潰しすぎ。潰しすぎて滅茶苦茶カッコ悪い。チキリは鞘の厚み以上にはみ出さないほうがカッコイイのですよ。
 指が痛くなるから広いほうが良いと言ってる人も居るだろうけど、そんなの肥後守を使いこなしている人には指の皮が自然と厚くなって痛いとか感じなくなる。むしろ、潰しすぎて丸く平べったいチキリは見た目がダサい。
 刃が直線的。これは研ぎやすいので問題ない。ただ、表から見て直線的だが、裏の削りが歪んでいるものが非常に多い。つまり砥いで真っ平らにするには凹凸が大きく、裏面を平らにするには根性が要る。
 SK材のブレード部分。カシメを通す穴が大きいのか雑なのか、刃を伸ばした状態で引いたり押したりするとカタカタと隙間があることが分かる。その割合、中のサイズで8本中6本。大のサイズでは今のところ見つかっていない。 また、カシメとブレードの穴に隙間があるせいか、水平に持ってヘの字にカタカタ・・・あっちゃー!・・・

 SK材のクロムメッキのハンドル(鞘)だけど、型への押し込みが不十分なのか開き過ぎ。かなり開いている。手のひらで床に押さえつけて体重を載せて整形はできるが、刃の位置が鞘の中心に来ないんで、やはり力技で刃が真ん中に来るように調整。鞘とカシメの隙間は後で叩いて直すとして、やはり、カシメと刃の穴の隙間は如何ともし難い・・・どうしたものか。

 海外からの発注が増えた上に、国内でも品薄のため、永尾さんは相当忙しいかと。でも、品質は維持して欲しい。ここ最近、注文するものが届く度に前と違ってて「手作り故の個体差」の域を超えている。オラとしては肥後守って何時も変わらぬ品質がウリだと思うんだけどね。出荷前に不良品はB級として弾いて、アウトレット商品(訳あり商品)として売ったほうが良いと思う。

 とりあえず、いまのチキリぺったんこバージョンは欲しくないなぁ・・・潰すのは後で使用者が潰そうと思えばできるだろうけど、潰されたチキリに厚みを持たせるのは無理だと思う。この調子だと、白紙やら特別手作りもチキリがぺたんこになってしまっていると想像すると、そっちも欲しくない。

0 件のコメント: