あおもりくまブログアクセスカウンター

2015年12月6日日曜日

通販業者を選ぶ基準に、宅配業者が影響するか否か

例えば、欲しいものがあって頼んだは良いが、それを配達してくれる宅配業者が原因でケチが付くことがある。
で、その状況を普通は通販業者に連絡することで通販業者は宅配業者にクレーム(改善要求)を出す。
仮に複数の宅配業者を選べる通販業者の場合、注文時に指定可能であればユーザーにとってはありがたい話。
実際の所、宅配業者の品質は地域によって異なることが多い。
青森でクソな宅配業者が東京では対応が良いなんてことは普通にあると思うし、その逆もしかり。
まぁ、単にその宅配業者の全体の品質はどうか分からないけど、営業所や都道府県単位で異なるのは間違いない。

今回、11月25日に京都の通販業者で宮本武蔵など(肥後ナイフ2種類と、接ぎ木用の園芸ナイフ)を注文したのだが、宅配業者が東北ではマイナー過ぎる運送会社で、仮に京都あたりではメジャーかもしれないが、青森では「なにそれ?」ってレベルの会社。
 この業者で荷物を全国発送すれば、当然、戦力の無い営業所では配達が正常に行なわれるはずもなく、問い合わせたところ、やはり日曜は配達しておらず、この地域の夜間配達もしていない。受付時に時間帯指定ができても、仕向地で時間帯指定ができないということを通販業者が知ってか知らぬか分からないが、通販業者は少なくとも知らないのだろう。

 そもそも、地方の運送会社で宅配を全国発送するということがそもそもおかしい。こういう通販は、全国に遍く営業所を持つ宅配業者を利用すべきだ。 いまどき青森市の市街地で日曜の夜間配達(18:00-20:00)ができないというのは宅配業者としてのレベルに達していない。ただの路線貨物(混載)業者だってこと。

 平日の午前午後しか指定できないのであれば企業への配達には使えよう。でも、個人への配達は向いていないと思う。

 仮に、このような宅配便のレベルに達していない宅配業者でしか発送できないとしたら、オラはそこの通販を二度と利用しない。つまりは、宅配業者が一般的な配達サービス(佐川・ヤマトなどの大手)に達していない場合、そこの通販の売上に大きく左右されることになるからだ。 ちなみにJPもまだまだ宅配便としての品質は高くない。

0 件のコメント: