あおもりくまブログアクセスカウンター

2016年11月13日日曜日

筋肉痛を感じる部位が無くなってきた

自分自身の肉体を使った肉体改造の実験中であるが、なるほどなるど・・・。
上体捻り運動では脇腹の筋肉が半端なく出っ張るように発達するようだ。つまり、前後運動による腹筋の強化をするための動作を考えねば。
今の体重は不明。先々週に体重計に乗った時は96kgであった。ただ、筋トレでかなり皮下脂肪も落ちているので先に消費される内臓脂肪はもっと減っている筈。それでいて体重が変わらないのは腹の中の不要物か、それとも比重の重い筋肉に置き換わったからか。
結果は今月下旬に病院に行ったとき、判るだろう。

あと、母親に筋トレ指導しているときに思うこと。運動自体の意味を理解できず、特定の筋肉に負荷をかける動作を何度説明してもできないのは、自分自身の体の動きをコントロールできないほど運動神経が無いことが分かっている。
その運動方法が出来ない場合、代替手段で同じ部位への負荷をかける運動方法をその場で考えて実践させてみることとした。オラは各部位の筋肉や関節への負荷を複数同時に感知できるようにしてあるが、運動神経が無い人間は、特定の関節をロックした状態で特定の筋肉だけを使う運動ができない。

こういう人は一つのことに神経が集中すると他のことが出来ない。つまり、躓いたらもう片方の足を出して踏ん張ること無く転んだり、バランスを取って転倒を防ぐことが出来ない。例えば歩くという動作に対して、オラは同時に4つの命令を脚部に出している。歩く+歩幅を大きくとる+地面をつま先で蹴る+そのままアキレス腱で自分を前に押し出す。これで時速7~8キロは出せる。
例えば、転ぶにしても腕を着く+関節が真っ直ぐのまま→骨折っていうのは運動神経が無い人。オラは躓いて転倒が避けられない場合は、腕の関節を軽く曲げた状態で手を着き、腕立て伏せの要領で自分の体重の衝撃を筋肉に逃がす。

これが理解できない人。解っていても咄嗟に出来ない人は、老後に大きな怪我を負って後遺症が残るか、そのまま寝たきりになってボケ老人の出来上がり。世の中、勉強が出来ても生命は守れない。でも、頭が悪すぎると致命的なミスで死ぬ。それ以上に、貧弱で運動神経が無い人間は怪我や事故に弱い。
オラは身体能力は高い。筋力は通常の3割増。体重も重いが自分の体重を持て余していない。打撲や裂傷の治りが半端なく早い。加えて実験好きの理工系でそれなりに生理学の知識があり、栄養学も勉強中。

目的は以前言ったとおり。アンチエイジング・・・じゃなくてツキノワグマとの遭遇戦に備えていること。現状では大型犬相手の戦闘シュミレーションはほぼ完成。「肉を切らせて骨を断つ」が最も確実で瞬殺可能な方法。左腕を噛ませてすぐ振って仰向け状態に地面に叩きつけて右手で腹を抑え、そのまま右膝で喉を潰す。
ツキノワグマはどうしようかシミュレーション中。今のシミュレーションでは、つま先を噛ませてそのまま地面に下顎を踏みつけて動きを止め、もう片方の足で延髄を踏み砕く。つまり首を折る。靴は安全靴が最良。

まずはそれが可能な限り無理なく出来る素早い動きができる体躯のコントロール。力に対して力で対抗できる体格の獲得。繰り返し行なう脳内シミュレーションで実際に体がスムーズに一連の動きができるように、ただ只管に繰り返し。

0 件のコメント: