あおもりくまブログアクセスカウンター

2016年11月7日月曜日

今日の筋トレ完了。そして目標も見えてきた・・・

腕ぶん回し5分。上体捻り5分。素振り5分。
たった15分。でも、全力の15分。
何もしないより実のある15分。
結構・・・というか、かなりガクガク来てる・・・
明日の朝に筋肉痛になっているか、それとも全く筋肉痛を起こさないか。

筋肉痛になっていれば使われていない筋肉が使われたことになる。
筋肉痛になっていなければ、既にその部位は鍛えられていることになる。
どっちに転んでも良いというポジティブな結果。

今日。昼休憩のチャイムが鳴って外に出ると、信号が青になる寸前。
この状態で歩くと間に合わない。だけどダッシュすれば間に合う。
で、全力ダッシュしてみた・・・全く息が上がらないことに気づく。

おおおおお!!! しっかりモノになっているではないか!www
やった分だけ効果が現れるって久々に楽しいな。滅茶苦茶楽しい!

もういい歳こいたオッサンだから、今更鍛えたところで大した効果が得られないとか屁理屈こねて何もしないより。
真似して全力筋トレしたら彼方此方痛くてもうやんねーって体のガタを理由に継続しない理由をつけてみるとか。
無茶したら肉離れ起こして痛くて動けないからやーめた!。3日で肉離れが治るわけねーじゃん!ばーか!とか。

んなことねーべ。まだ間に合うだよ。筋肉痛が運動したって実感が湧き、筋肉痛が早く治ると、おお!まだオレって若いぜ!と前向きになり、筋肉が付いて腹が凹むと、おっ!オレってまだまだイケるんじゃ?とか勘違いしたくもなる。
歳を取るってのは、悪い意味で生物としての強さを諦めるってことじゃないかな。
生物としての強さを求める理由に筋トレを始めてみた結果、予想以上に頑張った結果が現れると、考え方自体が後から変わっていくみたいな。最初は人間は犬になんか負けるわけがないと考えるのもいい。
でも、近年はクマが彼方此方に出没している訳だし、リアルで遭遇しないとは言い切れなく成った。
でも、一般人が常に車に猟銃を積んでいる訳でもなく、それが突然エンカウントとなった場合に、身一つで何が出来るのか。そこに守るべき誰かが居た場合に黙って食われるのかって思ったら、目標をツキノワグマくらいに引き上げて鍛えるのもあながち間違っていないだろう。

そんなバカげたことを考えているのはオマエくらいだ。人間がクマに勝てるわけがない!

確かに怪我の治りも異常と言われるほど早いし、筋肉痛が治るのも早くなっている。
鍛えれば鍛えだだけ異様な速度で体が造られていくのが実感できる。
違いは「よし!やるぞ!目指せ!クマと肉弾戦!」と目標があるから。人間相手に喧嘩したら、たぶん、オラは平均以上であろう。
なにせ体重95kgなのに柔軟性。剛性。パワー。スピードともに30代のころに戻りつつ在る。
高校の時は持久力も馬鹿だったが、オラの最強時代は20代中盤。そこまでは戻らないだろうけど、そこまで戻ったらいいな程度には鍛えるつもり。

人撫でで首が飛ぶと言われているクマパンチを食らって無事な人間など居ないだろう。

だが、人間は動物とは違うのだ。技というものを習得して、技術と知恵で不可能を可能としてきた。
実践の機会が命日ってことにもなりかねないが、それはエンカウントしてみなければ分からない。

必ずしも死闘になるとも限らない。互いに様子見となる可能性もある。それは相手だって無傷で済まないだろうと思うだけの何かを感じたときだ。
これまで散々動物相手に色々とコミュニケーションを取っては試しているが、オラより遥かにか弱い存在とて、オラに警戒ぜすに寄ってくることもある。ウサギ、テン、アナグマ、タヌキと鉢合わせ。こっちが無害申請して暫く見つめ合ったこともしばしば。カモシカと鉢合わせになったとて、互いを観察してお終いってこともあった。
サルだって、互いに干渉せずという態度をとる。必ずしも勝てなくても良い。抑止力としての強さを獲得すれば、互いに衝突を避けられることもある。それを手に入れるだけで価値があるはず。
ある程度の攻撃力を持つ野生動物に対して一番やっちゃいけないことが何かという知識も経験もある。
動物の習性を観察するのは忍耐である・・・というが、オラはどっちかっていうと馴れ合いしたい方。
話しかけられればオウム返しでコミュニケーションの意思があることを伝えるだけ。
ただ、こちらがエサに見えるほど脆弱であることを望んでいない。そのための肉体強化。

残るは人間対策かな。もう数年で半世紀生きたことに成るけど、これだけは我慢ならねーだよ。
最近のチャラチャラしたモヤシっ子見てると、動物的に脆弱だなぁ・・・これって何かに襲われたら瞬殺されるよなぁ・・・って思うと同時に、そんなガキんちょ数人に絡まれたとして、大人の余裕ってのを見せつけるためには、やはり男という生物は動物的に強くあること。
少なくとも「親父狩り」なんてものに無縁で居られれば余計なトラブルに巻き込まれることもなく、手を出してこようという連中も近寄りがたしって存在になれればそれでもいい。

今のままでも十分に近寄りがたいらしい図体をしているらしいオラではあるが、キャラ的にはその図体なのに動物には妙に好かれるってことが最良。いわゆるギャップ萌えを狙っていると言っても良い。
でも、いちばん大事なことはこれだよ。

変質者に見えない。

0 件のコメント: