あおもりくまブログアクセスカウンター

2017年6月8日木曜日

迷彩の作業服を着ている土建屋は・・・

作業現場では、互いが互いの位置を把握して危険がないように配慮しなければ第事故が起きる場合がある。
そのような環境下で迷彩柄の作業服を着ている建設・解体業の業者は、安全衛生に関して著しくレベルが低い。
軍隊や猟友会など、周囲に紛れるて隠密性を高める必要がある場合は迷彩服は最適であろう。
しかし、建設・解体業に於いて迷彩服を着用した場合、互いに互いの位置を見落とすリスクが発生する。

この非常に簡単なことに気づかないようでは、そもそも安全衛生に関しての教育などを行ってる筈もなく、案の定、一人で脚立を伸ばして2~3mの高さで命綱もなしに壁に張り付いて解体工事をしている。
更に、作業現場の駐車場で洗剤を使用してブラッシング。その廃液を回収せずに歩道を清掃する素振りをしながらその廃液を雨水用の排水口へと流す。
歩道に巨大な建築廃材を入れる鉄のコンテナを置き、パイロンで囲むも、歩行者用の通路を確保せず、交通誘導も付けずに放置。
解体現場の狭い駐車場へ運搬車両(2トン程度の小型のダンプ)を駐車させる際も誘導を付けず、対向車線の歩道まで一気に乗り上げて、一気に後退する。

やはり、大きい会社では世間からの目もあり、必要な教育や暗線措置を行なう。社名のちメイドが高いほど、何かが起きると叩かれるからだ。
しかし、小さな会社ではすぐに世間から事故や事件など忘れ去られるだろうという考えからか、それとも、教育する人間が居ないからか、そもそもそういった意識が欠落しているのか、全くもって信じられないの連続。

業務委託を行なう時、企業としての責任をどのように果たすために、何に取り組んでいるのか。その辺を確認せずに使うのはやはり問題が発生してからでは遅いのではないかと思う。

0 件のコメント: