あおもりくまブログアクセスカウンター

2017年8月1日火曜日

RICOH THETA S は1ヶ月で壊れる

レンズ剥き出しのRICOH THETA Sだからこそ乱暴に扱えず、常に細心の注意を払って使ってきた。
しかし、それでも壊れる。どんなに繊細なカメラなんだろうね。これじゃ外で使えないのではないか?

転倒防止に設置しての撮影は大型三脚。撮影しないときはソフトケースでレンズを守り、車での移動中は後部座席に三脚を寄り掛けてカメラが宙に浮くようにして衝撃を緩和。 暑い車内には放置しない。移動中の充電は大容量リチウムイオンバッテリーから専用ケーブルで充電。シガー電源からの不安定な電力は避ける。 家での充電はガラホについてきたちゃんとしたACアダプターからTHETA 専用ケーブルで充電。 野外の撮影で使用後に熱を持ったらエアコンで車内もクールダウン。

それでもか? それでも壊れるのか? しかも1ヶ月で。実質10日ほどしか稼働してないのだぞ?
で何?、ねぶた祭直前で壊れて修理から帰ってくるのがお盆明けに成るかもしれないとか馬鹿なの?
こんなの普通は初期不良で新品と交換だろ?

どんだけ自社製品に自信がないんだよ。うちの製品は普通に使用している範囲で1年は絶対に故障しません!とか断言できないってことだろ?。1ヶ月程度で異常が出るならそれは不良品だったってことを認めればいいじゃないか。

それとも何か? ねぶた祭の撮影をするなら7日20日くらいに注文してくださいってこと?それなら壊れる前に撮影できますってこと?。お盆期間中にも使用するなら、7月25日くらいに届くように注文してくださいってことでOK?

製品の利便性は非常に高いと認めよう。そこそこの画質で撮れることも認めよう。個人でGoogleストリートビューをこれほど簡単に撮影できるということも認めよう。でも、すぐに壊れるというのはナンセンスだよRICOHさんよ。

0 件のコメント: