あおもりくまブログアクセスカウンター

2017年12月27日水曜日

また足の爪が食い込んだ・・・

足の爪の両脇が指の肉に食い込むのは水虫などに依る変形。つまり巻き爪によるものの他に、つま先に力を入れすぎることで肉が爪を覆って、結果として食い込むらしいぞ。

でもって、オラは後者。何故ならオラは軽度の糖尿病なので足先のケアは欠かせない。きちんと薬用石鹸をタワシに擦りつけてから、足先を毎日しっかりガシガシと洗う。これで爪の間にある垢や汚れを取り去る。足先をタワシで擦ることで血行が良くなり暫くは足先が温かいという良い効果も有る。

この食い込んだ爪。最初は切除が下手で出血したものだが、今はコツが分かって、一人で綺麗に切除できるようになった。色々とやりかたをここで書くと医師法に引っかかるかも知れないので書かないが、ニッパー爪切りは必須だ。あと、水虫ではないが、水虫用のパウダースプレー。ブテナロック。水虫の人が水虫薬を使って治療するなら、逆に水虫ではない人が使うことで水虫を予防できる。

特に冬は靴の中が蒸れて雑菌が繁殖しやすいので、このパウダーインスプレー水虫薬は雑菌発生の抑制効果が高く、靴の中も臭くならない。下手な靴の消臭剤より役に立つ。

0 件のコメント: