あおもりくまブログアクセスカウンター

2016年2月28日日曜日

運転者の急死・急病に対する車の安全装置

<装着型の機器→自動運転装置>

腕時計型やネガネのツル(こめかみ付近)に取り付けられる心拍数計 → 自動運転装置
(ハザード・減速・路肩へ寄る・エンジン停止・119番通報)


腕時計型は脈拍の異常に反応して自動的に血圧と体温を測る。
眼鏡のツルに取り付ける方は脈拍と脳波計と体温を測る。

持病のある方や65歳以上で運転する方。体内埋め込み型の機械 → 自動運転装置

30年も経ったら体内注入型のマイクロマシンとか出てくるかな?

<車に対して停止命令を送信>

交差点や高速道路。幹線道路などに設置したカメラ→条件によって車を停止させる信号を送る → ハザード+車を停止させる。

大幅な速度超過/蛇行運転/逆走車などに対して(AIがキモかなぁ)

市街地の交差点では今回のケースを参考に、交差点の角から歩道に侵入してくる車両のエンジンを強制停止させフルブレーキ。運転者の生命は無視していい。
信号機の下部4つにカメラを付けて、車の挙動から異常を判定。どの車を停止させるかは屋根に着けたIRで自車のIDを送信。交差点設置のコントロール装置はそのIRで判別した車に対し電波で停止命令を送信。


とりあえず、思いついた素案をメモしただけ。後で読んだらツッコミどころ満載かもしれない。

0 件のコメント: