あおもりくまブログアクセスカウンター

2009年7月6日月曜日

Operaってユーザー全然増えないよね

OperaよりもChromeやWinSafariの勢いが凄まじい。
元々、第3のブラウザであったOperaが今では第4とか第5のブラウザになってしまっている。
これにはベンダーの問題もあるが、Operaが妥協していない点もあるのではなかろうか。

Firefoxは何だかんだ言いながらも互換モードっちゅーか、「仕方が無いから付き合ってやるよ」な感じでInternet Explorerの用のクソたれソースをなんとか表示しようとしている。
サイト運営会社もFirefoxの勢力拡大は無視できない状態になっているし、FirefoxにはWeb開発用のアドオンがいっぱい用意されている。
開発者だけではない。一般ユーザーにもアドオンとテーマがバイキングコースのように並べられている。

Operaはどうか。カスタマイズ性に優れている点。Web標準技術へのいち早い対応は認めよう。
それはFirefoxに勝っている。でも、それへの対応は重要でも、速さではもうどれもドッコイショな訳だ。
そうなると普段の操作性の問題や、対応しているサイトの数(サイトの標準ブラウザ)が問題となってくる。
いや、標準技術でページが書かれていればそれは問題無いはず・・・
でも、Operaには正常に開けない。利用できないページがあり、UA偽装で対応してもやっぱり無理ってのもあるようだ。

これは早い段階でFirefoxが使えないという理不尽な理由により叩かれたことで分っていたはず。
仕方が無く、Mozillaは妥協した部分もあり、それを含めながら機能を一般人に受け入れられるようにしていった。
もはやInternet Explorerの牙城を崩すには標準だけではどうにもならない。
Chromeが受け入れられているのはその爆速とも言える起動速度とレンダリングにある。
一番の理由は世界一の検索サービスのブラウザってどんなんだ?って理由で使っている人が多いからだろう。でも実際にChromeは使えるブラウザになりつつある。
発表からそんなに経っていないのに、物凄い速さで進化している。

いや、すっぴんのFirefoxだって体感ではあまり変わらない状況になってはいる。
少なくとも最新のInternet Explorerよりはユーザーにフォーカスが移るまでの時間は圧倒的に速い。
Internet Explorerなんて起動して停止ボタンを押しても停止されず、ホームページが表示され、空白に打ったはずのURLがホームページのURLに追加で表示されるダメぶりだ。
少なくともInternet Explorer系のブラウザに比べたらFirefox、Opera、Safari、Chromeはダントツに速い。

でも、いまは自分が利用しているウェブサービスがどれだけInternet Explorer以外のブラウザで使用できるかでデフォルトブラウザになれるか決まる。
所詮そんなものだし。Internet Explorerが悪いのに結局は正しく解釈するブラウザでもページを利用できなければそれが悪いと評価されてしまう。
ムカツクよね。ソースが馬鹿なのにFirefoxが悪いとか言われると。
でも、そんなのはもう過去のことだ。Firefoxはかなり昔にそれを耳タコなほど聞かされた。
でも最近はそんなことを言う連中ってブラウザってものをようやく理解した程度の初心者だし。
国産ブラウザだって喜んでる程度の人だよ。エンジンはアメリカ製のブラウザなのにね。
ボディーが国産なら中身は輸入物でも国産は国産なんだべな。
まぁ、この解釈は人にも寄るし。

Firefoxの凄いところは「組織票」と悪口を叩かれることもあるが、そのサポーターの絶対数が多いことだ。
本部があるけど、あくまでもコミュニティーありき。そして何らかの形で開発や布教に貢献できる点。
そんな諦めていない熱い人間が世界中に数億人も居るってこと。
「Firefox信者ウゼェ」とか言われた時代もあったよ。でも、諦めたくなかったし、応援したかった。
自分のウェブサイトにはFirefox1.0以前からリンクを貼ってた。Firebirdより前。Phoenixからユーザーだったよ。

その当時はもじら組。MJができてからはアッチが本家になったことでMJにリンクしてた。
Operaの日本法人なんて事務所ができたことを知っている人なんてOperaユーザーくらいのものだろう。
日本語で使える海外製のブラウザというだけで、いまいち最近は地下に潜っている感が否めない。
いや、瀕死なのか?と聞きたくなる。

最近忘れられていないか?
Operaがスピード競争のデータ表から除外されていることもあったぞ?
Operaは後発のWebKit軍団(Safari/Chrome)に圧倒されてそれで終わりか?

IT大国のノルウェー産ブラウザはここで終わりか?
そしてOSSになって再起というシナリオもあるのか? それってNetscapeに当てはめるとどっかに買収されてボロボロに解体されてからの話だけどね。
OSSになるメリットはあるのか?。もはやPrestoエンジンに未来はあるのか?
Webkitの勢力は留まることを知らん勢いだ。

オラは積極的にウェブサイトの運営会社にメールしまくったことがある。
Netscapeに対応してくださいとか。Firefoxで○○のページが正常に動作しませんとか。
昔からのトカゲ(Gecko)な人ならそんな経験あるかと思う。
自分の運営するサイトの中で他所のサイトから拾った記事やブログの上げ足取りしているヒマがあったらちゃんと表示できないサイトに特攻しろよ。

実際のところOperaには分りにくいところ、取っ付き難いところもあるよ。
標準でマウスジェスチャを搭載していないFirefoxがここまで普及したんだ。
マウスジェスチャの有無なんて今更どうでもいいことのひとつだ。
フェンリルのSleipnirやGraniでもアンケートでマウスジェスチャを使っていない人は結構な割合でビックラこいた。
Firefoxには無ければすぐに適用できる機能なんだし。マウスジェスチャもよりどりみどり選び放題だ。

やっぱりFirefoxがここまで普及したのは「信者」と呼ばれようと「うぜぇ」と言われようと「良いものは良い」と言い続けたことにあると思う。
瀕死のOperaに言いたい。
もっと頑張れよ。

( ´(Д)`)y━~~~ 明日あたり、どっかで味噌糞書かれてるんだろうなぁ・・・

でも、Operaが瀕死なのは事実だろ。
仲間を作るには何かを作ることから始めないとな。
説明書だっていい。
優位性を紹介する記事を書くのもいい。
便利な使い方や、こんなことができるんだぞう!ってのもいい。
Javascriptの実行速度なんてどいつもこいつも充分に速くなった。
レンダリングの速度ももはや体感速度ではあんまし分からない。

そこでOperaが誇れるのは何か・・・そうなると、サポーターの皆さんの出番ですよ。
オラはハッカーじゃないし、マニュアル屋なんで分り難いものを分りやすくするだけ。
いくつもGecko系のソフトウェアのマニュアルを書いている。ダウンロード数も膨大だ。
たったそれだけのことでも貢献になっている。友達に薦めるのも充分やった。
新規開拓には友達を増やすしかないくらいに。

やろうと思えば、この豊富なアドオンの使い方サイトを構築するってのもアリだ。
容量無制限のサーバーならそれも可能だろうし、Firefoxのアドオンには分り難いものが無いから英語版のものだって説明書を作ろうと思えばできる。

やろうと思ったらできることを探すってのは面白いものだ。
それがFirefoxの応援になるし、自分のサイトのランクを上げることにも繋がる。

今のところ元々持っているオラのアウトドア属性が強くなってるので家の中に居るよりも外を遊び回ってる方が面白いからメインサイトも放置しまくりでGooglePageRankが2つも落ちたけど、正攻法で上げようと思えば上げられるんでどーでもいい。

Firefoxはこれだけ市民権を得ているので、オラがやりたいことを誰かがやってくれるかもしれないし、それでも出てこなかったらオラがやればいいだけのこと。
できることを、できるひとが、できる範囲でする。
これがFirefoxのシェア獲得のOSS精神ってものだと思う。

オラなんて青森のド田舎のクマだしな。
でも、ネットの世界には距離や住んでいるところの格差と、できることに制限が無いから。
やろうと思えばできることはあるだよ。

Operaはキャッシュ利用で高速表示したり、画像が読み込み途中で失敗することも少ない。
使いつづけても重くならないし、後から何かを付け足す必要も無くそのままで結構使えるブラウザだったりする。それは強みだと思うけどな。

だれかメジャーバージョンアップする度にOperaの詳細なマニュアルをスクリーンショットたっぷり使ったPDFでも発行すればいいんじゃないのかな?
わかりにくものをわかりやすく。
それは自分だけ分ってても知識を誰かと共有しようと思わなければ普及には繋がらない。
OSSって共有することで各自の仕事の量を分散できるからね。

Linuxがいかに優れたOSであっても、本当に分りやすい本なんて存在しないから普及しないのと同じように、まるで敷居を高くして寄せ付けない雰囲気を醸し出している。
本当に分っている人が分らない人に分るように説明するのは難しいんだよ。
Operaにも少し似た部分があるよなぁ。

その点、Chromeは分りやすかったぞい。
あれならいきなり使えるって仕様だ。
しかもどんどん進化している。

第二次ブラウザ戦争ではFirefoxがシェアをを伸ばして停滞気味であるものの、それでもまだ体力は残っている。だって誰も諦めていないだろうし。諦めなかったから今がある。

SafariだってWindows版の登場でダウンロード数も伸びている。
Chromeは話題性(だけ)で伸びている。
Operaは忘れられてやしませんか?

( ´(Д)`)y━~~~ え?余計なお世話だって? いいじゃん、寝言なんだから。

0 件のコメント: