あおもりくまブログアクセスカウンター

2010年11月24日水曜日

うたかた(詩片)

友達に薦められて見たものの、なんだこのショートなツインの青緑色の髪のまるで「初音ミク」みたいな女子は!?・・・とか思ってしまった。
話の内容はどうでもいいとして、途中から話が暗くなる・・・最後はハッピーエンドでもない。
うーん、12個の石と12人のジン(精霊)で12話完結。

12人のジンの目を通して見た人間の世界を主人公がどう感じるか。
最後に自分が死ぬか、自分以外の全員が死ぬかを選択するように強要される。
結果は「どちらも選べない」ではなく、「どちらも選ばない」ということで終わる。
理不尽な質問と言ったら理不尽過ぎる質問。
自分がその立場に立ったら・・・

( ´(Д)`)っ─┛~~~ 「人間全員をクマかカラスにしてくれ」

とか言ってしまいそうな気がする。
理由はこうだ。
一般的に関わりたくないであろうクマとかカラスの立場になったら、果たして「嫌っている立場の者」は、自分がソレそのものになったらどう思うか・・・
人間というものは、自分がその立場にならないと考えないからな・・・

ああ、ちなみに・・・ニホンザルにだけは絶対に生まれ変わりたくない。

0 件のコメント: