あおもりくまブログアクセスカウンター

2014年6月3日火曜日

三つ巴の攻防戦

スズメがエサクレ。
カラスもエサクレ。
ヌコはスズメを狙ってる。

それを見ているオラはバームクーヘン団子をマルマルしている。

スズメ優先なので親指で弾いて飛ばす。礫(つぶて)使いとでも呼んで貰おうか。ほぼ100発100中である。
飛ばす先はヌコの射程圏外ギリギリ。ヌコの性質から見て狙うときは構えるので、構えてなければ安全。
まず、これをスズメに解からせる。カラスも学習済みだが、ヌコはカラスほど大きなものへは簡単に狙いを定めない。
よってカラスはスズメとエサ取り合戦。
ヌコもバームクーヘン団子を拾って食い始める。気を使ってか、背をスズメとカラスに向けている。
今は狙わないからオマエらはオマエらで食えという雰囲気だ。ヌコがひとしきり食った後、スズメを狙いだす。

カラスを間に入れてスズメは言いたい放題。まるで「やーい、ここまで来れるもんなら来てみやがれー!」と言ってるようだ。
まぁ、カラスはスズメを襲えないし、ヌコはカラスを襲えないし、スズメは高機動で逃げられる。伊達に食物連鎖の下位に居ない。
カラスほどまでとは言わないが、かなり頭が良い。

今度は無造作にバームクーヘン団子を飛ばしてみる。乱戦を期待してみるも距離は変わらず。スズメは上手く立ち回ってる。
みんな拾って食うのに忙しいようで、もっぱらカラスとスズメのエサ取り合戦に突入。ヌコはマイペースだった・・・

飽きたので今日はこれでオシマイ。スズメが2羽、子連れで来てた。

昨日発した鳴き声は今日はチョット違った。ホイッスルのようにピリピリピリという声で語尾が上がる感じ。
どうやら子供に対して敵が居るから注意するようにという意味があるようだ。

どうりで・・・オラはスズメから敵認定されたことが無いから、聞いたことが無いのは当たり前だ。

0 件のコメント: