あおもりくまブログアクセスカウンター

2015年10月25日日曜日

肥後守 塗装実験2

肥後守のSK材割込/全鋼の黒はロゴを金色の粉?を刻印の凹んだ部分に塗ってから拭いているだけと思われる。これだと、砥いだだけでハンドルのロゴに手が触れるので文字が消えてしまう。
カッコイイからと黒を選ぶと、すぐに錆びることに後で気づくし、文字が金色だから選んだのに、あっという間に消えることに驚くだろう。

そこで、前に錆びた肥後守の黒を車用のペイントで塗装してみた。これにより強固な皮膜ができ、更に滑りにくくなって中々の仕上がりに。でも、肥後守のロゴは厚い塗装で消えてしまった。

今回は、ほぼ見た目はそのままに。その金文字の保護と錆止めを兼ねてクリアを塗装した。いま乾燥中である。最初ということもあり刃にもクリアが掛かってしまったが、後で砥いだ時に削れるのでOK。
さあて、仕上がりが気になるね。
本当は製造段階で組み立て前にクリア塗装してくれれば最高なのに。

ああ、それから。

県内のホーマック(ホームセンター)を廻って旧式の全鋼(黒)を買い漁った。5箇所ほど廻って2箇所は完全に新型に入れ替わってたけど、残り3箇所で旧式を入手出来た。昔、買った1本を合わせ大サイズ4本を塗装したところ。
本当は発泡スチロールに突き刺して塗装するのがベストなんだろうけど、いま、発泡スチロールも発泡ウレタンも手元にないのでティッシュの箱に突き刺して塗装した。

グラグラしてて安定性は悪いが、まぁ、実験なので良しとしよう。

2 件のコメント:

やじろじゃ さんのコメント...

塗装よりも、表面処理とかめっきにチャレンジしてほしい気がするw
ご家庭でやる黒染めとか、ご家庭でやるクロムメッキとかwww

aomorikuma さんのコメント...

黒っぽいクロムメッキがあれば超!カッコイイ!!!と思うのだが。
シルバーは実用に向いてて錆びないので有難いのだが・・・安っぽい。

あと、拳銃に使用する真っ黒なメッキがいいな。