あおもりくまブログアクセスカウンター

2009年8月31日月曜日

選挙でダムの必要性を謳うのは馬鹿のすること

ダムはいづれ埋まる。
でも、森に貯水能力を与えれば水不足にも洪水にも悩ませられない。
林業がダメになっている地域は徐々に杉を広葉樹にすればいい。
そうすればクマとの軋轢も少なくなる。
山にクイモンがあれば人間との協定もできる。
山にダムが必要だと言っている馬鹿は、ダムが埋まったらまた作ればいいと思ってる建設業と癒着しているやつだ。
もう、特定の業種に儲けさせるシステムは要らない。
公共事業を充てにしているような会社は農業と林業をやればいい。
それで森が畑が水を溜めたり消費すれば同じこと。
農業には溜池などが必要になるだろうし、そこには自然も戻って来る。

何も道路を作ったり建物を作る事だけが仕事ではなかろうに。
これもやはり変わらなければならないこと。
自分の業種を別の事業に役立てられるノウハウを研究しているところだけ生き残ればいい。

0 件のコメント: