あおもりくまブログアクセスカウンター

2013年4月21日日曜日

特殊鋼を挟んでいない肥後守


ちゃんとした肥後守は青紙・黄紙・白紙などの特殊鋼を挟んで鍛錬したものが普通だけど、ホームセンターの肥後守は1種類の鉄材だけでできているようで、研いでも層が出ない。

しかもかなり柔らかいようで、1回目の研ぎでこれだけ削れるのだから頻繁に研ぐのが好きな人にはいいかも知れない。散々パチモンくせーだの、なんちゃって肥後守だの言ってきたが、普段使いとして気軽に使い、研ぎの練習に使う分には良と思うようになってきた。

というのも、研げばそれなりに切れ味があるからだ。完全パチモンの肥後のナンチャラは、まるでステンレスでも研いでいるような変な研ぎ心地なのだが、これは安物で鉄が柔らかいにしても研げばそれなりに切れ味が出るし、研ぎやすい。

ただ、好んでこれをコレクションしたいと思うようなレベルのものではないし、集めるなら割込でハンドルは真鍮がいいな。研ぎも慣れて来たことだし、そろそろ3000番またはそれ以上の砥石も欲しくなってきた。面慣らしも300番の砥石で2000番を均しているが、面均しも欲しくなってきた。

研ぎって技術が要るから、独学でもいいから極めてみたい気がする。

0 件のコメント: