あおもりくまブログアクセスカウンター

2013年5月5日日曜日

生姜味噌おでん(しょうがみそおでん)@青森B級グルメ

 食い意地が汚いオラが青森で一番旨いと自信を持って薦める生姜味噌おでんは、青森市の八甲田山中にある銅像茶屋の生姜味噌おでんだ。
 青森で一番旨いってことは、生姜味噌おでん自体が青森特有の食文化であるからして日本一旨い生姜味噌おでんであり、つまり、生姜味噌おでんで世界一旨いのは銅像茶屋の生姜味噌おでんである。


 ちなみに青森のコンビニでは年中おでんが食える。
 少なくとも津軽エリアではコンビニでおでんを買うと生姜味噌ダレを貰える。

 銅像茶屋は、映画「八甲田山」=当時の日本陸軍が極寒地での戦闘を想定した雪深い山中を行軍中に起きた至上最悪の遭難事故といわれる当事者の生き残りである後藤伍長の銅像がある場所。夏でも涼しい標高の高い場所にあるので、夏でもおでんが旨い。

 冬にここでおでんを食いたいが、なにせこの茶屋が2階建ての高さがあっても雪に埋まってしまうのが八甲田だ。ここよりも奥にある酸ヶ湯(湯治場)では5mとか普通に積もる。更にもっと奥では7mとか十数mクラスの積雪量になる。

 このように青森の冬はとても厳しい自然に接しており、体を温める効果のある生姜を味噌ダレに混ぜておでんにかけて食う習慣がある。

 写真は透かしを消さない限り、好きに加工して転用してもらって構わないが、この日記へのリンクを条件とする。

0 件のコメント: