あおもりくまブログアクセスカウンター

2016年11月6日日曜日

上体捻りのやりかたを母親に指導してみたところ

脊椎間狭窄症で左脚の感覚がおかしい母であるが、上体捻りで脊椎を捻って矯正しつつ、神経を圧迫している部分を一定の動作で削ればいいじゃんってやらせてみたら・・・
「おかあさん、これ(四つん這いで片足を水平に伸ばす動作)ができな・・・あれ!?できる!」
とか言い出した。

やはりか。「狭窄症」って狭くなって圧迫しているんだから、矯正したり、圧迫している部分を解消すればいいと脳内の骨格モデルから適切なストレッチ運動をさせればいい。その狭くなる理由ってのが狭くなる運動不足によるものだから、それに適した動作を強制させて、矯正する。週に一度、体操教室に通ってる母であるが、オラはそこの先生がやれと言ってる動作の半分に実効性が無いと見ている。ああ、この先生は感覚的に理解しているのではなく、そう習ったから、それしか方法が思いつかない人なんだな・・・と。

やり方。

足を開いて背筋を伸ばし、下半身(腰と脚)を固定したまま上体を只管、左右に振る。体躯のコントロールが苦手な母は最初は腰ごと回していたので、腰を固定するように椅子に座らせて、上体を可能な限り左右に振らせた。そして、改めて腰を固定したまま上体を左右に振る。とにかく捻られるだけ捻るように、飽きるまで。疲れるまで。

何が起きているか考えよう。脊椎には体の上半身の重量が掛かっている。つまり、脊椎を捻る運動と、脊椎をギュっと締める筋肉が周りに付いていないと、重力に拠って下方向に押さえつけられて、その状態が長引くと骨が変形して固定されてしまう。楽な姿勢をした時に、骨同士は上下が重力に拠って押し付けあい、更に変形を手伝う。脊椎の骨の1個を思い出してみよう。両端が椎間板に接触する部分。真ん中は恐らく、前方が潰れてしまう。これが背中が曲がる原因ではないのか?。そう考えると、背骨はサポーターの役割をする筋肉に拠って支えられていればこの重力による密着と圧迫を緩和できるのではないか? ということ。

そこで、上体捻りをやって、筋肉をサポーターやコルセットとして機能させると同時に、背骨同士が密着する上体を捻って動けるようにするという考え方。

まぁ、これを毎日やっていればある程度の回復はできるかも知れない。とにかく、老人ってのは後ろを見る動作を嫌う。体が固く、背骨が捻れる動作をしなくなる。これによって脊椎間狭窄症が起きるのではないか・・・。

( ´(Д)`)y━~~~ まぁ、オラは医者じゃねーし。医療行為はできん。運動をさせるくらいだ。

自分の体に起きる骨格と筋肉と腱の動きと異常を3D CADのように立体モデルに置き換えて、動作に対して何処がどのように動くか把握している。
特に腰痛に関する脊椎と椎間板と神経の配置。どうなったために起きている腰痛なのかをレントゲンを撮るまでもなく感触として理解できる。それはあくまでも自分の体で痛みと動作と痛くないときの体勢によってだ。
他人が何処が痛いとか言われても分からないんだから。とくに脊椎や腰椎に通る神経が圧迫されると全く関係ない場所が痛くなる。それすらも位置関係を理解している。

オラがギックリ腰を発症するとやることがある。
 ①仰向けに寝る。
 ②両膝を立てる。尻を軽く持ち上げて、両手で太ももの股関節付近を押し下げる。
 ③この状態で腹筋と背筋に全力で力をこめる。
 ④腹筋と背筋を上から下に力む部分を下げる。
 ⑤ズレていた部分が「ゴ!」という音がして綺麗に嵌り痛みが消える。
 ⑥その状態のまま暫く安静にする
 ⑦そのまま痛みが出なければ、上体捻り運動で徹底して腹回りの筋肉を強化する
これで治る。治療は一瞬。1日様子見。異常がなければ予防運動。

で、今日も天気が悪い。午前中に雪がパーっと降ってきて Σ( ̄(Д) ̄;)  冬! とかショックを受け部屋で冬眠。急に明るくなったことから外に出て鉄アレイを振り回す。もう今日の運動は十分に済ませた。

まだ明るいので、素振りは暗くなってから。肩の痛みは鉄アレイぶん回しで治った。よし、概ねコントロールが出来るように成ってきた。あとは筋肉痛が起きる部位を片っ端から鍛えるだけ。自分で納得できるだけ体を鍛え上げた時、自分が思ったように体の動きをコントロールできる筋肉ができていれば良し。仮に有事にその力が発揮できなかったとき、それは自分のシミュレーションが甘かったことになる。

さてさて・・・

0 件のコメント: