あおもりくまブログアクセスカウンター

2009年11月7日土曜日

深浦のイチョウの紅葉はまだ先

深浦町には樹齢1000年を超える日本一のイチョウがある。
母の希望で行って来たがまだ青かった。
イチョウの樹ってさ、大きければ大きいほど黄葉も遅いのね・・・

3 件のコメント:

あかぃりんご さんのコメント...

> イチョウの樹ってさ、大きければ大きいほど黄葉も遅いのね・・・

→ なんでしょうね?大きいと外気温の低下が中まで浸透するのに時間がかかるんですかね。それとも、例えば、場所が風の当たらない、日溜りにあったのでしょうか?
 なんか、唐突に思い出しましたが、イチョウって花粉って、精子みたいだって聞いたことがありましたっけ。聞いたときは、ただそのまま聞いていたのですが、一度、顕微鏡で花粉だか、精子だか、自分の目で見たくなりました。

aomorikuma さんのコメント...

幹が太いと耐寒能力が高いのかも???

植物の♂のソレは精子そっくりなものもありますよ。
コンブの精子なんかそうでしょう。
ニンゲンの精子と同じに泳ぎますから。

aomorikuma さんのコメント...

あれ?、コンブじゃなくて、コケだっけ?