あおもりくまブログアクセスカウンター

2011年2月11日金曜日

和紙の灯篭(原案)

骨組み無しで灯篭を作ろうとしたとき、どのような手法があるか考えた。

太い塩化ビニルのパイプをCRC(やっぱり5-5-6かな)で磨いて剥離剤の代わりとする。
塩化ビニルパイプは切り込みを入れておけば抜くときに窄める事で紙の筒が抜けやすい。

その上に障子紙巻きつけて糊付けする。
そこに絵を書くなり、押し花や紅葉を糊で貼り付ける。
その上へ更に障子紙を巻きつけて糊付けする。

筒の両端の輪っか状の骨組は、透明なプラスチックを細く切ったものを巻いて固定するなり、して工夫すればいい。紙と紙の間に入れてしまうのも、見せるのもいい。
模様として紙と紙の間に細く切った紙や、細工した紙を挟んでもお洒落である。
同様に細い針金を巻いて影を演出してもいい。

実験していないので案ではあるが、スプレー式の洗濯糊は使えないであろうか。
糊に何を使用したら紙だけで強度を上げられるだろうか。
あと、紙の繊維を縦方向と横方向で張り合わせることで構造的に強度が増すだろうか。

竹籤やら角材を使用して、電池ボックスとLEDで小物として販売できないであろうか?

何だか今日は ヾ(≧(∇)≦)シ 冴えてるなっ!

0 件のコメント: