あおもりくまブログアクセスカウンター

2015年4月20日月曜日

登山

登山での事故が増えているが、登山ブームも手伝っているのだろう。
自然遺産に登録されれば、今まで見向きもしなかったような「にわか登山者」が湧いて出る。
中高年が今まで山に入りもしなかったのに、お上品な趣味だと勘違いして山で滑落して死ぬ。
学生のお遊びで初日の出を見るんだと雪山に登って凍死したり、行き倒れて死ぬ。
自分の歳や体力を鑑みず、気軽な気持ちで山に登って滑落して死ぬ。

よく分からん。

公園の散歩の延長だと思っているのだろうか。
リスクを考えないのだろうか。
自分の体力を過信している?、いや、その前に運動神経はどうなのよ?。
視力は?聴力は?嗅覚は? 
何もかも人間の日常生活に慣れてしまったその感覚のままで、非日常的な世界に何の準備もなしに飛び込む感覚が分からない。
道具や装備さえ揃えれば一人前?。
いやいや、肉体面と精神面との両方が準備出来ていないんじゃないのか?。

改めて自分に「本当に自分にできるのか?」と問いてみるといい。
それでも行くなら、せめて、何時。何処へ。誰と行くのか。何時戻ってくるのか。ついでに遺言でも書けば宜しい。
「この行動は自己責任です」と、付け加えて。

オラは親にもう言ってある。

山で遭難しても捜さないでください。
 生きていれば腕一本でも自力で還ります。
クマと戦闘になって負けて死んでも本望です。
 クマを恨まないでください。

全て自己責任であり、他の誰も悪くありません。
 だからオラが山に入る時は、そういう覚悟で入っています。

多分、皆がそういう気構えで山に入るのであれば、事故はもっと減ると思う。
山は観光地じゃ無い。

動物と気配で会話できるようになってもまだ心配だ。
今のところ、クマに試していないだけで、大抵の動物とは目が合っても「互いにスルー」が通用している。
相手が弱くても通じているけど、自分より強いかもしれないクマには通用するかどうかわからない。

最悪のケースを常に想定していて、幼稚園に入る前から山で遭難したこともないオラでさえ、自然の中では無力と思っている。何が起きるかわからないんだから、色々と準備もする。どちらかと言えば肉体面と精神面のほうが装備の立派さよりも重要なのだ。

そして一番重要なのは感じ取ること。知識と緊急時の対応をいつも考えていること。
事故を起こしている国内のアマチュア登山家のベテランレベルは、事故の結果を見る限り登ることしか考えていない。
帰りを想定していない。行って戻ってくる。ここまでがワンセット。片道で目的が終わっていれば、それはそのまま片道切符になりかねないのだ。

どんなにお金を持っていても、どんなに勉強で頭が良くても、どんなに社会的地位が高くても、どんなにリアルが充実していても、命を落とす危険のある場所を認識していなければ簡単に死んでしまう。

0 件のコメント: