あおもりくまブログアクセスカウンター

2008年11月30日日曜日

タコの貝殻 -アオイガイとタコブネ- 北限の変更


温熱帯の海に分布するタコの一種であるが、陸奥湾でも最近になって貝殻が頻繁に海岸に漂着していることを見ると、北限の更新が必要と思われる。温暖化による海水温の上昇が原因であろうか?

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

いや、父がこどものころから青森でアオイガイをとっていたそうなので、昔からいるみたいですよ
わたしがこどもの頃(30ねんほどまえ)もいろんな家でアオイガイ飾ってました

aomorikuma さんのコメント...

(* ̄(冖) ̄) ジュル おいしいのでしょうか・・・

匿名 さんのコメント...

おいしくはないみたいです(笑)
わたしは殼だけほしかったので、いつもタコさんを海にかえしていました。
きのうは夏泊で殼を拾ってきましたよ(⌒‐⌒)きょうはもっと大きいアオイガイを探しにいってきます♪

aomorikuma さんのコメント...

この貝殻って中に電球入れて、枕元に置く常夜灯みたいなスタンドとかに加工したらおしゃれでしょうね。