あおもりくまブログアクセスカウンター

2009年10月19日月曜日

Amazon.co.jp: インフルエンザ・ワクチンは打たないで!: 母里 啓子: 本

インフルエンザワクチンを打った事が無いオラ。
それどころか、BCG以外の予防接種も打った事がない。
幼少の頃は貧弱すぎてそれに耐えられない体だったからだ。

( ´(Д)`)y━~~~ 一転して剣道やって凶暴化してから益々予防接種と疎遠になったしな。

過去にインフルで1度入院したことがある。
メタクソ具合が悪くて病院行ったらチアノーゼ出てて死ぬから入院しろとそのまま病院に1ヶ月。
それが一番の重症だな。
あれはな、事務所が寒すぎるし、感染しているくせにマスクもしないクソジジイから遷されたからだ。
劣悪な職場と劣悪なジジイのせいだな。
四六時中、同じ場所で菌を撒き散らされたら感染しないわけが無い。
オラの代打の人も感染したしな。
でもまぁ、あの重症化のお陰で抗体ができたのかもしんまい。

さて、タイトルの本であるが、世の中の大袈裟な反応とは全く逆のことを紹介しているようで粗筋を読んで見たが、「まぁ、それも言えるわなぁ」という感じ。
評価も様々。関係者が必死こいて反論しているようだけど、これは言えるんじゃないかな。

・子供の貧弱化
・ウイルスの変異性が高くなっている
・温暖化で極地の氷が溶けて太古のウイルスが復活してきた
・給料安いし忙しいばかりで体を壊す人が多くて感染しやすい社会になっている。
・日本人特有の大騒ぎ体質による過剰な反応と、思いやりが無くなっていることによる感染拡大。
 ※風邪でもインフルでもヤバイと思ったらマスクしろよ。撒き散らしてんじゃないよ。

実際のところ、感染するときはするし、発症するかどうかは別の話。
死ぬ時は死ぬんだし、やっぱり健康な生活で重症化させない体を作るのが一番だってこと。
オラはまだ若いからいいけどさ。親は高齢だから気になるよ。
親が感染するくらいならオラに感染しろじゃ・・・って思う。
オラの場合はどうせ発症する前に治るんだし。
具合が悪い時は直ぐに対策するから。
つーか、なんか腹具合が悪いな。さっさと寝よう。

で、年寄りの場合は体感温度が若い人より鈍いらしいから、極端に寒がったり、暑いのに暑く感じなかったりするし、具合が悪いってのも気のせいだと思っちゃって感染したのに気づくのが遅いんじゃないかと。

うちの会社の統括支店内でも家族に感染者が7名居るそうだ。
会社でもゲホゲホ言ってるのが何人か居る。
こうなると既に感染して発症しているが、軽く済んで治ってるかもしれない。

ちなみに日曜の午前中は朝から公園でカラスウォッチ。のほほーんとしてた。
オラの可愛いボソ子が虐められていたので助けたり、去年居たヤツが何人いるのかと数えてみたり。
ブトの虐めってエゲツナイよなぁ・・・なんかヒドイわ。4方向から羽を引っ張りやがるの。
痛がってギーギー鳴いていた。あのまま放置したら死ぬまでやるからな。
いま、親離れしたボソ子を助けるやつが居ないんで、思わず助けちまったい。
で、かれこれ3~4時間ほどカラスと一緒に寒風に晒されて、いま何とも無いってことは何とも無いのだろう。
トリインフルなんてのも大袈裟に吹聴しているだけで、鳥から人間に感染する確率なんてハナクソ以下だって話だ。間に受けてニュースに踊らされている一般市民から文句言われたことがあるが、自分で考えない人間ってのはなんでああもTVで言ってたからって直ぐに信じるのかね。脳味噌があるなら自分で考えて調べて理解して実践して、それから文句言えばいいのに。

2006年、2007年と2シーズンもハクチョウとカモに噛まれまくったオラが何ともないんだから何ともないのだ。
去年は彼方此方に看板立てられまくってカモさんとカモカモできなかったのがストレス溜まったしな。
でまぁ、先週の土日は疲れたら寝るに徹してた。うがいと手洗いも徹底している。
鳥さんとモフモフしたあとは、車にちゃんと特製手洗い用洗剤があるので、それで滅菌しとる。
うがい薬もペットボトルに薄めて入れてるから外でもよくうがいをする。
靴の底は洗ってフンも洗い流してるし、海だったら海水でしっかり長靴を洗ってくる。
てな感じで、インフルがニュースのネタになってるが、マスコミは視聴率を稼ぎたいのと、話題が無いからインフルエンザネタで凌ごうと躍起になっている。
お陰でオラは今年の春前からマスクを買えなくて定期ストックできなくて大変だったわけだ。中には買い占めて高値で売る馬鹿まで出るし。
買い占めるから慌てて店頭にあるものを大目に買う→品薄→製造が追いつかない→使いもしないマスクが一般家庭に大量にストック→インフル騒ぎが落ち着くと、何年かはマスクが殆ど売れなくなる。
来年以降のマスク業界は大変かも知れないよね。
このままマスコミがインフル騒ぎを煽ってくれれば安泰なんだろうけど、実際のところ過剰に買っている人が多いだろうから、家庭には在庫がダブついていると思うんだわ。
まぁ、オラは一昨年買ったマスクが1箱。去年の冬に買ったのが2箱ある。定期的に箱買いしてるからオラは別に焦らなかったけどね。
実家とねーちゃん家にはストック無いから、一昨日買ったマスク250枚を実家に置いてきた。
買い占めようと思ったら所持金で棚にある全部(1万枚)買えたけど、それじゃその辺の馬鹿と一緒だから50枚5パックで済ませ、売ってる店をブログでお知らせ。ここ見た人は何人か買いに行ったかもね。
棚にはいっぱいあったけど、必要以上に買うと本当に必要な人が困るだろう。
キョロ(゚(Д)゚三゚(Д)゚)キョロ あれ? 瞬断したな。雷でも落ちたか? 22:11
さて、腹具合がマジで悪いので、パソコンの電源切って寝るか。

まぁ、最後に。

マスクが品切れと聞いて過剰反応してマスクを買い占めたり。
インフルがヤバイと内科に大挙して押し寄せたり。
鳥インフルがヤバイと過剰に避けたり。
豚インフルというネーミングがヤバイと新型インフルに呼び名を変えたり。
ワクチンが品薄だから我先にと予約したり。
ウイルス対応の空気清浄機がバカ売れしているようだけど、普通は外で感染するんだし。

どうでもいいけど、常に防ごうと思わなければ、効果が無いし。
防ぎきれるかといえば防ぎ切れないんだし。
感染したときに発症させないことが一番大事なんだし。
ひいたかなと思ったら他の人に遷さないようにマスクくらいはすべきだ。

自分は感染したくないけど、他の人に感染させるかもしれないということを考えないんじゃ、自分が良くても他の人経由で自分の家族が感染するかも知れない。
そう考えたら、エチケットとしてのマスクは必要なんじゃないのかな。

回転寿司に行ってもさ、回ってる皿の前でゲホゲホやってるバカを見ると何だかなぁ・・・
要するにさ、感染って思いやりがあれば何割かは防げると思うダヨ。

2 件のコメント:

あかぃりんご さんのコメント...

おはようございます。おなかの具合、いかがですか?
↓に感想を書いてみます。
>  ウイルス対応の空気清浄機がバカ売れしているようだけど、普通は外で感染するんだし。
→ 感染防御ということからすると、空気清浄機を使っても、社会的全体としては感染症予防にはおそらく効果はないでしょう。空気清浄機を使いたい感情は、アシも素朴に理解できますが、その効果については、くまさんの見通しの通りだと思います。
 増添大臣の時代に、空港で全数検疫を行いましたが、全数検疫の思想と、空気清浄機を購入する思想はよく似ていると思います。全数検疫をした国では、おそらく、空気清浄機もよく売れているでしょう。しかし、日本の他に、全数検疫を行った国はあるのでしょうか?
 おそらく、そんな国は他になかったと思います。そして、アシはそのことで日本のことを心配します。第1次大戦を終わらせた直接原因の一つは、塹壕戦で膠着した戦場で、インフルエンザによる多数の死者のために軍隊の維持ができなくなったことであるとの見解もあるくらい、強毒性の生物体は人の社会に大きな影響を与えます。しかし、その危険以上に、社会・国が集団として、その当時の科学技術が教えることと矛盾することを行うことの危険を恐れます。

 ところで、たしか、空港の表示なんかは「検疫、Quantine」ってなってたと思うのですが、ソフトウエアの世界でもPCセキュリティ関連のアプリケーションの場合 Quantineという言葉を使っていますね。でも、検疫ではなく、隔離とか、別の言葉になっていませんでしたか? ダラダラ、書き連ねましたが、アシが言いたいことは・・

> 要するにさ、感染って思いやりがあれば何割かは防げると思うダヨ。


に共感してます。不安が強く、パニックが起こっている状態って、自分の置かれた状況が全く分からなくなっていますから、その時に助かると内側の要素は、思いやれるだけの知恵が働くかどうかだと思います。アシは、そんな時でも、平然としていられる人になりたい・・・
 胴体着陸(o`θ´o)や、怪我を生き抜いた西ボスみたいになれるようにします。

 マスクは、アシは感染制御には無効だと思います(効果があるとするなら、軍が戦闘に使う防護装備でしょう。)が、気道粘膜の乾燥を和らげるという点で、一般的な効果が期待できると思います。
 SpywareBlaster の作動具合と、このインフルエンザ対策としてのマスクの作用は、似てるんじゃないかと思っている昨今です。

aomorikuma さんのコメント...

結局、あの検疫は全く無意味な大騒ぎだったわけで。
防ぎきれないんだからね。

それよか、暖かい季節のうちに蔓延したほうが寒くなってからよりマシだったかもしんまい。
なにせ、ワクチンってのは気休めでしか無いんだから。
重症化するかどうかなんて、その人の体調とか、ウイルスとの相性が良いか悪いか。
それに体調がよければ相性が良くても重症化しないかもしれない。
どっちにしろ感染してみないと分らないんだよね。

最近の子供たちの体力の無さを思えば、ウイルスが凶暴化しているのか、人間が弱体化しているのかわからないし、もとより衛生状態と医療の質が悪い南米で大流行して死人が多かったって思えば納得もできるし、日本人特有の「大騒ぎ体質」というか、「集団心理におけるパニック状態」を考えればね・・・
騒ぐ割に予防も拡散も対処しないなんて馬鹿過ぎて呆れるっていうか、情けないというか。

いつからこんなに日本人って馬鹿になったんだろう。
マスコミの話を鵜呑みにしたり、国民の顔色に合わせて大袈裟に「対策してます!」みたいな政府とか。

感染するときには感染するし。
重症化するか、風邪かな?程度で終るかは、その時の体調次第。

あとは体を健康に保てるように普段から精進するしか無いでしょう。