あおもりくまブログアクセスカウンター

2015年7月3日金曜日

スズメは「待て」が分かる

分かるというよりも犬と同じ。一定の動作に対して同じ言葉を繰り返せば、それがどんな意味なのか分かると言う程度のこと。

但し、エサを目の前に食うなというシュチエーションではない。急かすのを止めるというだけ。
何もしなければ、ズンズン近寄ってきて、背伸びをした挙句、ジュジュジュジュジュジュ!とかキレるのだ。

そんな時は「ちょっと待ってねー・・・」と言いつつ、目の前でバームクーヘンを千切って見せる。
カラスならヨダレがダバー・・・で生唾ゴックン!(これマジでやりますからカラスは)なのだが、スズメは背伸びして「ハヨせい!」とか言うのだ。

でも、待ってねと言えばちゃんと待つ。つまり、待ってねは「食べ物があるから、ちょっと待てば必ず貰える」という解釈をしているのだ。

ちなみに、来る時は視線の高さで飛んできて、視線の高さを通過して帰っていく。これは行きが在宅確認で、帰りが挨拶という意味だろう。一応は律儀な性格をしているとも思える。

0 件のコメント: