あおもりくまブログアクセスカウンター

2009年12月15日火曜日

満月の夜は暴力的な患者が増加、豪病院看護師が月と急患の関係を調査

まぁ、良くある話だ。

しかし、オーストラリアって犯罪者の流刑の地だったらしいので・・・以下略

3 件のコメント:

あり@赤井林子@あかぃりんご さんのコメント...

祭りで、ドンドコ太鼓をたたくのは、満月でしょうね。これは、夏か秋ですね。

豪州の看護師は季節の要素も検討するのでしょうか?また、もしや、そんな調査を思いついたのは、まさか、満月の夜、月の光を浴びた後だったのでは。アリだって、満月を見ると・・まぁ、夏だけですけどね。

しかし、しずかな、青い月の光もずいぶん明るくて、これもまたいいですね。地図が読めますからね。これは、冬か夏でしょうか?

秋の月もいいですが、冬の月もいいですね。春の月もいいですね、夏の月も・・新月だって・・・アレッ?

冬(o`θ´o) あんころみたいな まんまるさ 

aomorikuma さんのコメント...

氷点下5度を下回った寒い快晴の深夜で満月の時は星が凄く綺麗ですよ。

シチュエーションが臭すぎて痒くなるかもしれないが・・・

彼女が居たらベンチに座って膝の上に彼女を乗せ、ブランケットに包まりながら星空を見上げ、熱いコーヒーを飲みたいですなぁ。

とか思ったり。


今日も寒かった。
雪は溶けるヒマ無く降りつづけ、積雪も10cmに。

赤井林子 さんのコメント...

 いや、臭くないですよ。特に、山中とかでは・・・

 アリは近くの山をウロウロしても、場所には迷わない、との不適切な自負心をもっていますw ところが、例えば、満月の光を浴びたような時には、その自負心が膨張して、色んな事が起こってきた訳です。例えば、腹がすいて、寒くて・・・背中を合わせたり、二人以上の時はヒトダンゴになって朝までしばしの安居とか。 

 こんな時、月の光が特にきれいに感じられるのは・・・



負け惜しみではないと思いますw